お刺身が最高!清水サバの特徴と仕入れについて

お刺身が最高な清水サバの特徴は、まるでトロのように濃厚な脂ののったサバであることです。清水サバの特徴は、高知県土佐清水市、有数の漁業の基地でのサバ漁であるということもひとつです。ブランドの鯖でもあるのが、清水サバの特徴にもなっています。特徴にもなっているブランドのサバであるのは、水揚げされた非常に脂の乗りのいい高鮮度のサバであるということ、ここは大きな特徴になります。

黒潮が流れる漁場に恵まれている場所であり、有数の漁業の基地ともなっている足摺岬沖、日本全国の中でも知られるサバの漁場です。潮流がとても速い上に、最良のエサが豊富であり、おかげで身の締まったサバが年間を通して、豊富に漁獲されています。清水サバの仕入れについて ポイントは、水揚げされた脂の乗りの高い高鮮度であるということ、これにつきます。脂はトロのようにのっているので、新鮮な状態をさしみでいただくのは、まさに絶品の味わい、清水サバを刺身でいただくのは最高の贅沢、最高の味覚を味わうことになります。

鯖は魚の中でも良質な脂肪がとても多い魚、青背魚の中でも良い脂と栄養の高さでは抜群です。ビタミンAにビタミンB2、タンパク質に、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸を豊富に含んでいます。人間の体内の中性脂肪を下げたり、コレステロールの数値を下げるのも、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸の働きです。ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸に注目が集まるのは、生活習慣病の延長線上にある、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなるからです。

旨味成分のイノシン酸もたっぷりなのがサバのいいところ、鉄分にビタミンAとビタミンB1の栄養にも恵まれている魚です。サバは魚の中でも滝栄養に満たされている魚、その栄養効果はとても高いものがあります。鯖を食べて栄養を補給すると、心筋梗塞に脳梗塞、動脈硬化の予防にもなります。高血圧症上や口内炎に、貧血の解消にも一役かるなど、予防と改善に役立つ栄養を含みます。

人間の体の中では、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸は、自然に生産をされることはありません。体内で合成ができない必須の栄養成分は、魚などの食べ物からの栄養チャージが必要になります。健康食品のサプリメントでも、この栄養素は人気がありますが、やはり新鮮な魚から、必要なドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸は、必要なだけチャージができるのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です