青刀サンマの特徴と仕入れる時のポイント

豊かな大地を持ち、農産物や海産物の産地として知られている北海道。青刀サンマはそんな北海道釧路市が誇るブランドです。サンマ以外にも多くの魚介類が水揚げされる釧路市の中でも、とびきりのサンマだけが選ばれる青刀サンマは大切にされています。その特徴は一般的なサンマに比べて厚い身や、たっぷりと乗った脂、鮮度などにも現れます。青刀サンマは釧路市の漁港で水揚げされたサンマの中から、プロとして経験を積んだ目利きによって選ばれるのが特徴で、認定を受けるための条件として青く光るような色味、傷や歪みがなく整った魚体、サイズなどから選ばれます。重量だけではなく色味や形にまでこだわることで、まるで青い刀のような美しいサンマをブランドとして全国に届けることが可能となっており、青刀サンマとして認定を受けたものには漁獲証明書が与えられます。これは漁獲された日時、漁獲者、場所に加え、配送方法までが明記されたもので、証明書の存在によって、安心して魚を仕入れることができます。
美味しいサンマが獲れる旬の季節の中でも、青刀サンマの旬は8月から10月までと定められているのも特徴でしょう。その日に行った漁獲のうち、最後の網にかかったサンマだけがブランド認定を受ける権利を持ち、多くの魚を見続けてきたプロの目利きによって選別された後には速やかに全国へと発送されます。日本全国で新鮮で美味しいサンマが食べられるのは、漁師や漁港の職員など、サンマに関わるプロ達の地道な努力によるものです。
青刀サンマの仕入れを行う際には、いくつかのポイントを見極めることが大切です。まずはしっかりと身がつまり、厚みがあるものを選びましょう。お腹の固さは鮮度の目安となり、一般的には鮮度が良いものはお腹が硬いという特徴があります。サンマの目も大切なポイントです。濁ったり白くなったりといった変色が少なく、目の色が透明なものは新鮮なサンマとされます。また、青刀サンマの特徴である刀のようなフォルムは、尻尾部分を手で持ってみた際にも際立ちます。身がしっかりと厚く、美しい刀のような姿は見事なものです。
青刀サンマには漁獲証明書がつけられ、漁獲から水揚げ、配送まで時間を置かずに素早く行われます。新鮮なまま全国に出回り、旬の季節の食卓を賑わせてくれます。和食の定番である塩焼きや煮つけ、あるいはフライなどで洋風に調理を行っても美味しく、秋の味覚を届けてくれるブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です