銀鮭と紅鮭の違いと仕入れ時にチェックすべきポイント

銀鮭と紅鮭の違いというのは、多くの人が何が違うのか、なんとなく疑問に感じることです。スーパーに行けば、様々な鮭が市販をされていて、どれでも同じ様に見えますが、銀鮭と紅鮭の違いと言うのは簡単に言うと、鮭の種類が違うということです。

銀鮭は日本近海ではあまりとれる鮭ではないために、ほとんどの銀鮭が南米チリ産になります。鮭の中でも脂がとても多いタイプの鮭になりますから、美味しい脂分がじんわり出てきます。真冬のお鍋に入れても、天然の脂の美味しい出汁が染み出しますしシチューなどの煮込み料理にも旨みを出すことになります。

紅鮭は生息が北太平洋、身近に感じますが紅鮭も、日本ではあまり取ることができない鮭、産卵期を迎えた鮭はボディが真っ赤になります。鮭の中でも、最も身の色が赤くなるタイプです。鮭としても身が引き締まっているタイプ、脂も程よくのっているでの、そのまま焼いていただくのが美味しい鮭です。焼いた鮭は、白米のお供にピッタリなので、おにぎりに入れたり、お弁当に入れるのが似合います。

鮭のかなに含まれる栄養は高いこと、最近の日本の健康番組でも、高い栄養効果で取り上げられています。EPAのエイコサペンタエン酸、それにDHAのドコサヘキサエン酸こうした栄養を豊富に含みます。不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪であり、体内のコレステロールの上昇を抑える、人間の体にとっては摂取をするべき、とても良い油の種類になります。不飽和脂肪酸にも恵まれている鮭にはほかにも、ビタミンB群やビタミンEという健康に必要な、たくさんのビタミンを豊富に含んでいます。

ω-3脂肪酸は人間の体の中で、生産をすることはできない成分です。でも人間の体には、ω-3脂肪酸が必要不可欠、エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸は健康のために必要であるため、魚で食べて栄養を補給する必要性があります。そのω-3脂肪酸を人間の体に満たそうとしたら、鮭はとても良い食材だと言えます。質の高い動物性タンパク質を食べるのは、鮭が良い選択であり、鮭の底力はあのサーモンピンクに秘められています。

鮭のサーモンピンクは美しく、アスタキサンチン豊富で赤みが実現しています。抗酸化物質であるアスタキサンチンは、何の魚よりも多い最強の抗酸化物質だからです。銀鮭に紅鮭などを仕入れ時にチェックすべきポイントは、とれる地域と時期に気をつけること、そしてやはり生鮮魚ですから鮮度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です