マグロの種類と特徴、仕入れのポイントは?

マグロの種類と特徴を知ると、実に奥の深い魚だということがわかります。種類もいろいろありますし、サイズや身の引き締まり具合なども違いがあります。日本人は大好きな魚、今までのイメージ的には1つだけの種類と判断をしやすいですが、種類的には大きく5種類があるのも特徴です。種類の違いは生息地もありますが、サイズや重さも違いますし、味わいにもかなりの大きな違いがあります。魚の仕入れのポイントは、求めているタイプであること、そして鮮度が何よりも命であるということです。
クロマグロはその中でも王様的な存在、この魚の中では最高級人認定の立場です。食べるにしても大トロの部位がとても多いので、色彩も味わいもとても濃厚であり、高級なお寿司にはもってこいです。地中海や大西洋、それから日本近海での漁れる種類です。日本人にとっては日本近海で漁れるものは、親しみが深いという特徴があります。養殖ものが多くなってきたのは、最近の傾向でもあります。

ミナミマグロの特徴は、色彩が濃厚な赤色であること、身質としては固さがあって、よく引き締まっているということです。味わいにはとてもコクが深いタイプ、そのためお寿司にも向いている種類です。ニュージーランドにシドニー沖、アフリカケープタウン沖などの低い水温の海域で漁れるタイプです。たっぷりの脂ものっているので、高級品としての特徴もあり、高級な料亭やお寿司屋さんでも重宝をされています。

純高級品的な立場にあるのは、メバチマグロの存在です。メバチ箱の魚の中でも、最も生産楼が多いタイプでもあります。口にしてみれば身質がとても柔軟であり、新鮮な状態はフレッシュなお刺身に向いている種類です。見た目的にも目玉が大きくて、パッチリとして瞳が特徴なので、目鉢と言われることになりました。

メバチと同じような漁場で漁れるのは、キハダマグロになります。見た目的にはどちらかというろ、スリムなボディになります。スマート体型の魚の味わいは、あっさりとしていて、赤みのさっぱりした美味しさに舌鼓を打つことができます。色も変わりにくいですし、それでいておっシミにもしやすいタイプ、だから量販店向きの対腕もあります。この種類は身質が割と硬めですから、お刺身にしても形状が簡単には崩れない利点があります。肌の状態が黄色いのがキハダの特徴、その見た目から黄肌と言うように言われることとなりました。あっさりしたマグロを食べるなら、キハダは向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です