魚の仕入れと旬の関係

魚の仕入れについてですが、こちらに関しましては、皆東京行の船は大体朝戻ってくる場合が多いです。そのため魚は新鮮なうちに売ったた方がいいので、朝漁港に戻ってきた船の近くに市場などがあれば、そこで卸売りをされる場合がほとんどです。特に旬の魚となりますと、新鮮さが異常に大きく関係してきますので、すぐに裏なければならないのです。これをを買い取った魚類に関しましては、お料理屋さんで使用される場合に関しましては、その日のうちにほとんどが使われてしまいます。またスーパーなどで売られているものについては、ほとんどの場合が冷凍保存がされているのが一般的であります。しかしながら新鮮なうちに魚を打ったほうがいいので、冷凍保存しない魚も出てきます。これらによって、新鮮さがいつまで続くのか、また、いつ私入れられたものかをしっかりと明記するために一つ一つの箱に、きちんと仕入れた日を記載するのも一般的となっております。やはり新鮮なものと、新鮮でないものについては、すぐにわかってしまうためこちらに関しても、あまり下手な保存方法はできないのです。新鮮なものにつきましては、臭みもなく、状態が非常に色してますのでこういったところをきちんとを確認する必要があります。新鮮でないものに関しましては、臭みが出てしまい、感触も非常に変わってしまいますので注意が必要になってきます。できることならやれば、これらのものについては知れたその日に売ったり、食べたりしたほうが1番良いのです。しかしながらそーゆーわけにはいかない時もあります。こういった場合につきましての保存方法としましては、やはり1番確実なのは冷凍保存になります。これもできるだけ早くやっておくと、新鮮さが保たれることになりますのでできるだけ早いうちに行うことが重要になってきます。また、仕入れをしてから時間が経ってから冷凍保存もしてしまいますと、だんだん鮮度が落ちてきますので、落ちた状態で冷凍保存となりますのであまり良くないのことが現状です。仕入れをしましたら、この魚についていつ販売するのか、今日中に売れるのかきちんとを確認するのと、予測することが1番重要になってきます。仕入れをして、時間が経ってからその作業を行ってしまいますと、それだけの鮮度が落ちてしまい、逆に売れなくなったりする場合もありますので注意が必要になってきます。特に旬のものであればできるだけ早く判断をしたほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です