特に仕入れに注意が必要な魚介類とは

食品の仕入れは難しい部分が多いといわれていますが、その中でもとくに注意が必要なのは魚介類でしょう。鮮度と品質を一定レベル以上で管理しながら、コストにも気を配らなくてはなりませんから、どういった仕入れを行うかが、店の経営に大きく関わってきます。鯖やアジなど、とくに管理が難しいとされる品種を、いかにして安く、鮮度を保ったまま提供できるかが、お店の質を決めることもあるでしょう。
仕入れに関する悩みとして多いのが、品揃えや品種に関するもので、ある魚介類を仕入れたいが、近所では探してもなかなか手に入らない、という場合です。一般的によく流通しているものではない、珍しい魚介類を仕入れたいという場合、とくに注意が必要となるでしょう。魚介類は管理が難しい食材ですから、しっかりとした知識とノウハウを持った業者を選び、利用したいものです。しかし、通常の流通では手に入りにくい品種を取り寄せるとなると、普段お付き合いがない業者を頼るほかないかもしれません。
遠方から取り寄せることになった場合、運送コストがかかりますし、魚の鮮度についても注意を払っておきたいところです。産地直送というと、新鮮で美味しい食材を安い費用で購入できる、というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。確かに、中間業者が入らないため、比較的コストを抑えることができる、という面はあるでしょう。通常の流通では、まず漁業者が魚をとり、その後卸売市場、仲卸商と様々な段階を経て、魚が売られています。産地から直接仕入れを行えば、それぞれの中間業者を通ることによって生じるコストを削減し、低費用で新鮮な魚が買える、ということになるでしょう。
しかし、中間業者を通さないということは、その途中で行われている選別や品質管理、配送といった部分を、まかなう人間がいないということになりますので、注意が必要です。直接漁業者から仕入れようとした場合、これらの必要な手間をどうするか、といった問題が発生するでしょう。独自にこうした部分を補おうとした結果、通常の流通ルートを使用するよりも、結局コストがかかってしまう、ということもあり得るでしょう。
素晴らしい品揃えと安心の品質管理、それらを備えた業者を注意深く見極めることが大切なのかもしれません。最近では仕入れ専用のチャットアプリなども開発されていますので、そうしたツールを利用するのも、効率的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です