貝類の仕入れで大事なポイントとは?

貝類の仕入れで大事なポイントとは、その季節の旬の貝類を仕入れるということです。スーパーの鮮魚売り場には、年間を通して貝類がありますが、仕入れでは旬の時期を狙うことです。食材に旬があるように、仕入れは最もその食材が美味しい時期にすること、これはコツです。貝類の仕入れは旬であることが、何よりもチェックするポイントになります。

貝自体は春の季語でもあり、由来は蛤などが産卵を控えていて、ちょうど肉厚になり、旨みを増すシーズンなんで旬であるわけです。貝も旬を迎える時期が、1番貝の栄養価が高くなりますので、この時期に仕入れるのが全てにおいてパーフェクトです。貝類にはいろいろな種類もありますので、それぞれの特徴も踏まえての選び方は必要になってきます。

貝の食材は味わいも良いですし、含まれる貝の高い栄養価にも頭が下がります。質の良い動物性タンパク質の宝庫であり、人間の疲労を回復させる、たっぷりのタウリンも栄養もたくさん含んでいます。貝にはタウリンが代名詞ですが、ビタミンAにビタミンE、それにミネラルの栄養素も含まれています。

タウリン人気の貝の食材ですが、関心を集める栄養素はほかにも、ビタミンB12や亜鉛の栄養成分です。味覚を清浄にする栄養でもあり、タンパク質における代謝をよくするのは、亜鉛の栄養成分です日本人にはダイエットを意識する人が多く、ダイエットの時には食べない方法で、栄養が足りなくなることがあります。その栄養の中でも、亜鉛の栄養が不足をすると、味覚障害が起こりやすくなります。

体内に不足をするとだるさが出てきて、悪性貧血にもなるのがビタミンB12の栄養成分です。高カロリーな動物性食品に、ビタミンB12の栄養素は含まれますが、日本人的にもできるだけ、高カロリーの動物性食品は避けたいと、健康志向の人は考えます。貝の場合は動物性タンパク質ですが、幸運なことに貝は低脂肪で低カロリー、これならば必要なビタミンB12の栄養を食べても心配はありません。食事に貝を加えることで、栄養が良い状態で、ビタミンB12も摂取ができることになります。

貝にはやはりタウリンの栄養が脚光を集めますが、タウリンは肥満を解消するにも密かに役立つ栄養です。現代日本人の悩みの種は、健康問題が大半であり、健康を害するもののひとつは、肥満体型です。でも肥満は改善ができますし、食事を改めること、貝のタウリンも食べることで効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です