ヒラメの特徴と仕入れ、平戸ひらめおがみとは?

「左ヒラメに右カレイ」という言葉があります。腹を手前にしたとき、頭が左側に来るのがヒラメというわけです。とはいえ、必ずしも100パーセントそうなっているとは限らないので、あくまで参考程度にしてください。

平たい姿が特徴のこの魚は沖縄以外全国で獲れる日本ではポピュラーな魚です。その中でも特に水揚げ量が多いのは青森県や長崎県の平戸などです。平戸では、1月から4月にかけてはヒラメ祭りというのも行なわれています。そんな平戸で1キロ以上の大きなサイズのものは平戸ひらめおがみという名でブランド認定されています。祭りが行なわれる寒い時期は身が好く締まり、脂がのって最もおいしい時期です。その特徴である特有の旨味や甘味が刺身にするとしっかり感じられます。椀物にすることでコクのある味わいも楽しめます。ぜひこの時期に仕入れておいしく頂いてください。韓国や中国・アメリカなどからの輸入物というのもありますが、五島灘の荒波にもまれた平戸の天然物には敵わないでしょう。締りの良さと品のいい白身が特徴です。

平戸のヒラメまつりでは、平戸市内の飲食店やホテル・旅館などがこぞってこの平戸ひらめおがみを使ってさまざまなメニューを展開しています。姿作りはもちろん、しゃぶしゃぶや、中にはシーフードピザなどを出すお店もあります。それぞれの特徴的なメニューはどれもヒラメのおいしさを存分に引き出しており、その魅力や特徴を再発見できることでしょう。

実際に美味しいヒラメを仕入れようと考えた場合には、身に厚みがあるもの・表面にツヤがあるもの・エラが赤いもの・腹の側が白くすれていないものを選ぶようにするといいでしょう。新鮮なものであれば刺身として食べられる他、大きなサイズのものであれば、えんがわを取ることもできるでしょう。身の皮をはがすと簡単に外れるのでやってみてください。

ポン酢でしゃぶしゃぶを食べるのもいいですが、エビやきのこと一緒にクリーム煮にしたり、ムニエルやから揚げなど洋風メニューにも合います。あっさりとしたその味はバターとの相性がよいのです。寿司ネタとして有名なえんがわも煮付けにして食べるのもおいしかったりします。えんがわには身の10倍もの脂肪が含まれていると言われており、脂がのって身が締まってコリコリしているのでおいしく食べられるのです。
えんがわやバター料理を避ければ脂肪が少なくダイエット中の方にもおすすめの魚、ぜひさまざまな調理法で頂いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です